カレンダー


左上の「カテゴリ」ボタンからセミナー・視察等の種類、右上の「月」ボタンから表示形式(予定一覧、日単位、月単位、週単位)が選択いただけます。

1
2
3
第4回海外現場実習視察
第4回海外現場実習視察 @ スウェーデン(クングスバッカ市)、デンマーク(コペンハーゲン市)
2月 3 – 2月 10 全日
スウェーデンの高齢者特別住居などでの現場実習企画の第4弾!!実際に高齢者の住む住宅で介護の現場に現地スタッフと一緒に入ることはほとんど不可能と言われておりましたが、5日間同じ高齢者特別住居で施策や制度を学び、現場に入ります。現場の空気感を感じ、体験することで認知症ケア、ターミナルケアの考え方を学べ、更に現場スタッフとも同じ専門職であることで共感する部分も多く感じていただけると思います。更に日本からの他の参加者との意見交換等も出来、すぐに現場に活かしていただけるよう企画しておりますので、現場の改善や質の向上、自身のスキルアップをお考えの方は是非ともご参加下さい。実習時には基本的に通訳はおりませんのでネイティブ並みの英語力は必要としませんが、個別に分かれての実習時のコミュニケーション手段は参加者の皆様にボディランゲージ等を駆使していただきます。
4
5
6
第106回「高齢者の豊かな生活空間開発に向けて」研究会 1:15 PM
第106回「高齢者の豊かな生活空間開発に向けて」研究会 @ 日本教育会館
2月 6 @ 1:15 PM – 5:30 PM
「地域・高齢者住宅で看取るという事~尊厳ある最期、尊厳ある死を考える~」をテーマとした第106回「高齢者の豊かな生活空間開発に向けて」研究会を開催します。世界でも長寿国とされる日本では2025年に団塊世代が75歳を超え、2030年には80歳以上となります。更にその先10年間は85歳以上人口も増え続けると試算されており、未曽有の超高齢社会に突入しようとしています。そんな中高齢者の住まいの場は様々な種類ができ、「暮らしの場」の選択の幅が広がってきました。内閣府の調査でも最期を迎えたい場所としては自宅が半数を超えている結果が出ており、住み慣れた地域・自宅・高齢者住宅での「看取り」が、尊厳ある暮らしのための重要課題となっていることが伺えます。お申込み・詳細はこちら
7
第6回「TPデータを活用した高齢者住宅マーケットの分析と予測」セミナー 2:00 PM
第6回「TPデータを活用した高齢者住宅マーケットの分析と予測」セミナー @ ちよだプラットフォームスクエア(予定)
2月 7 @ 2:00 PM – 3:30 PM
2019年1月末発行「介護保険居宅サービス・全国データ」(2018年度下半期号)の内容や活用方法をテーマとしたセミナーを開催します。お申込み・詳細は以下サイトをご覧ください。 「TPデータを活用した高齢者住宅マーケットの分析と予測」セミナーサイト
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
このページのトップへ

タムラプランニングコンテンツ

  • 開設・運営・募集コンサルティング:有料老人ホーム等高齢者向け住宅・新規開設及びリニューアルをご検討の法人の方
  • 企画・調査・構想:事業化にあたって直面している課題に対し、仮説段階からアウトプットイメージまで企画・調査・提案します。
  • データ・サービス:・高齢者住宅・全国データ・介護保険居宅サービス・全国データ・介護保険事業計画等・全国データ集
  • タムラプランニング・アライアンス:高齢者住宅の開設支援における企業連携グループ