セミナー案内

第107回高齢者の豊かな生活空間開発に向けて研究会

タイプ:高齢者の豊かな生活空間開発に向けて

セミナーの趣旨・内容

超高齢社会を突き進む日本。高齢者人口の増加、寿命の延長により2025年には高齢者の約5人に1人が認知症もしくは予備軍になる可能性があります。認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域で環境をできるだけ変えずに、自分らしく住み続けることが、認知症の方にとっても、そのご家族にとってもそして地域で暮らす全ての人にとって重要であると言えます。

そこで、第107回「高齢者の豊かな生活空間開発に向けて」研究会では、「認知症ケアの現状と課題」~予防・共生・連携~ をテーマとし、関係省庁より認知症施策をご説明いただいた後、認知症ケアや地域連携など、実際に事業に取り組んでいる事業者のお話をお伺いする事に致しました。

テーマ「認知症ケアの現状と課題」~予防・共生・連携~
講師

第一部:厚生労働省老健局総務課 認知症施策推進室 室長補佐 井上 宏氏

第二部:株式会社キャピタルメディカ 執行役員 中村 健太郎氏

第三部:医療法人社団フォルクモア 常務理事 碓田 茂氏

日時

2019年11月13日(水)

会場日本教育会館
定員

50名

担当者中里
参加費

16,500円(税込み)複数申し込み割引あり

お申込み方法

お申込み方法は
・電話
・FAX
・メール
よりお選びいただけます。

電話

お電話でのお申し込みは平日9:30~17:30まで承っております。
03-3292-1107までお気軽にご連絡ください。

FAX

FAXでのお申込は24時間承っております。
下記の申込書を印刷して必要事項をご記入の上、
03-3292-3288までご送信ください。

メール

メールでのお申込は24時間承っております。
「氏名」「勤務先名」「所属・役職」
「勤務先住所」「電話番号」「FAX番号」
をご記入の上、tamurakikaku-a@takikaku.co.jpまで
ご連絡ください。

問合せ先

03-3292-1107

このページのトップへ

タムラプランニングコンテンツ

  • 開設・運営・募集コンサルティング:有料老人ホーム等高齢者向け住宅・新規開設及びリニューアルをご検討の法人の方
  • 企画・調査・構想:事業化にあたって直面している課題に対し、仮説段階からアウトプットイメージまで企画・調査・提案します。
  • データ・サービス:・高齢者住宅・全国データ・介護保険居宅サービス・全国データ・介護保険事業計画等・全国データ集
  • タムラプランニング・アライアンス:高齢者住宅の開設支援における企業連携グループ