ホーム見学体験記 2014年~


ご覧になりたい見学記をクリックしてください。

グループホームだんらん柏増尾台 | グレイプス大森西 | ライフ&シニアハウス市川 | 寿らいふときわ台 | リアンレーヴ松戸 | レストヴィラ東松戸 | クリエホーム・ソラティア | レストヴィラ多摩川

グループホームだんらん柏増尾台

所在地:千葉県柏市増尾台2-31-70
施設タイプ:グループホーム
運営事業者:株式会社マザアス
居室数:18戸
居室面積:9.73㎡~9.93㎡
入居時の費用:30万円
月額費:159,500円(家賃95,000円、食材費 49,500円、水道光熱費15,000円)
だんらん柏増尾台は増尾駅から徒歩15分の静かな所にあります。
近くに大きなスーパがあり、買い物や食事を楽しむ事が出来ます。
建物は2階建てで一般住宅に近い外見です。
居室数は18戸で、見学の時は満室の状態で待機者もいました。
入居対象は、要支援2~要介護5の方まで入居が可能です。
24時間介護職員がいて、居室訪問による安否確認を毎日実施しているそうです。
また、看護師が月2回、ホームに訪問します。入居の時は 家具、必要品の持ち込みは自由です。
食事は皆で近くのスーパへ一緒に買い物に行き、ホームの厨房で調理します。
ご自宅で暮らしているような家庭的な雰囲気でした。
お一人お一人個別にきめの細かいケアをしています。
お一人で入居されていても、他の入居者とお友達になったり、スタッフと話をしたり、飽きの来ない楽しい生活を送って頂けるそうです。

グレイプス大森西

所在地:東京都大田区大森西7-6-30
施設タイプ:サービス付き高齢者向け住宅
運営事業者:東京建物株式会社
居室数:56戸
居室面積:18.60m²~53.67m²(最多18㎡台)
入居時の費用:敷金として賃料の3カ月分
月額費:(1)18.68 m²(浴室なし/1階)249,600円(家賃127,000円、食費64,800円、管理費20,000円、基本サービス費37,800円)(2)25.17 m²(浴室あり/1階)270,600円(家賃153,000円、食費64,800円、管理費15,000円、基本サービス費37,800円)
京急本線「梅屋敷」駅前のにぎやかな商店街を抜けると、閑静な住宅街の中にグレイプス大森西があります。
建物は地下1階地上5階建てで、入り口を抜けるとプチホテルのような雰囲気のフロントがあり、生活をサポートしてくれるコンシェルジュが常時勤務しています。
フロントから廊下にかけては抑えた照明で落ち着いた雰囲気ですが、居室のドアは見やすいようにスポットライトで明るく照らされており、高齢者への配慮がなされていました。
居室はワンルーム18.68 m²から2LDK53.67m²まで様々なタイプがあり、それぞれのライフスタイルに合わせたお部屋が選べます。
いずれの部屋も明るく開放感のある作りで、オフホワイトの壁紙に木目調の床板や収納ドアを配し、温かみのあるナチュラルテイストな内装でした。
都内ですが周辺が住宅街のため他に高い建物が少なく、どの部屋も日当たりの良さが感じられます。特に5階の2LDKの居室はホームにいることを忘れてしまいそうなほど、見晴らしも良く快適でした。
入浴については各階に共同浴室が一カ所ずつあり、将来重い介護状態になった時には地下に設置されている機械浴が利用できます。
食堂は地下にありますが、吹き抜けの窓や壁一面に鏡を使った内装のため全体的に明るく、閉塞感は全くありません。
提携医療機関としては地域に根差した医療法人財団 中島記念会 大森山王病院があり、併設の介護事業所と連携して、将来への不安にも十分応えてくれるホームであるという印象をうけました。
そして更にホームの魅力を高めているのは、立地の良さです。京急本線「梅屋敷」からは徒歩10分、JR京浜東北線の「蒲田」駅からは徒歩13分とやや距離がありますが、大勢の人で賑わう商店街や気持ちの良い公園などが近隣にあり、のんびりと散歩を楽しむような気持ちで歩くことができます。
特に商店街はチェーン店が少なく昔ながらの個人商店に活気があり、一つ一つの店舗を覗いて歩くだけでも十分に楽しめます。また図書館や集会場、郵便局など公共施設・文化施設もほぼ10分以内の距離にあり、区役所までも徒歩14分と歩いて行ける距離です。
更に徒歩3分の所には救急医療にも対応した東邦大学医療センター大森病院、徒歩6分の所には蒲田リハビリテーション病院などもあり、医療施設も充実しています。
自立して暮らせる時期には豊かな街の暮らしを満喫し、介護が必要になった場合には24時間対応の介護と安心の医療連携で利用者をサポートする「グレイプス大森西」は、終の棲家を求める利用者にとって、十分に魅力的なホームの一つだと思いました。

ライフ&シニアハウス市川

所在地:千葉県市川市市川南1-1-1
施設タイプ:介護付き有料老人ホーム
運営事業者:株式会社生活科学運営
居室数:80戸(定員124人)一般居室45戸85名、介護居室35戸39名
居室面積:19.41m²~82.57m²(一般居室35.66~82.57㎡ 介護居室19.41~45.61㎡)
入居時の費用:入居一時金 3,150~7,820万円(ライフハウスの場合)1,700~1,870万円(シニアハウスの場合)
月額費:169,530円/ライフハウスの場合(管理費108,000、食費61,530円)191,130円/シニアハウスの場合(食費61,530円、光熱水費10,800円、管理費118,800円)
ライフ&シニアハウス市川は、JR市川駅南口に聳え立つツインタワーの片方「ザ タワーズ イースト」内にあり、屋根のついたペデストリアンデッキを通って雨の日も濡れずに移動することができます。
「ザ タワーズ イースト」の1、2階には飲食店やクリニック・薬局など商業施設が入っており、3階には行政サービスセンター、そして4~9階部分が「ライフ&シニアハウス市川」になっています(10階~37階部分は賃貸マンション)。
エレベーターで4階のフロントに向かうと、まずは生活コーディネーターと呼ばれるスタッフが入居者を暖かく出迎えてくれます。このホームはフロントのある4階と7~9階が自立して生活できる人向けの「ライフハウス」、5~6階が介護の必要な人向けの「シニアハウス」になっています。
ホーム全体の形は吹き抜けとなっている中央部を囲むように「コ」の字型となっており、4階の大部分は共用スペースにあてられています。
共用スペースは見晴らしの良い食堂、趣味の活動に利用できるサークル室、ヒノキ造りの浴槽が設置された共用浴室などがあり、ベージュ色の漆喰の壁や絨毯敷きの床、障子の仕切りなどが配されたインテリアは、温泉宿のようなゆったりとした雰囲気を漂わせています。
一方7~9階の自立者向け居室は完全に各戸が独立したマンション風の作りになっており、あたかも高級分譲マンションのような趣です。
居室の広さも収納も十分で、3口のIHクッキングヒーター完備など自炊生活も十分できる設備になっていました。
部屋の間取りも1LDKから3LDKまで様々なタイプがあり、窓からは市川の街並みが一望できます(夏に江戸川の花火大会が楽しめるお部屋もあるそうです)。
また病気や怪我などで介護が必要になった際は、シニアハウスへの住み替えや介護保険の申請などをスムーズに行えるよう、前述の生活コーディネーターがサポートをしてくれるシステムになっています。
5・6階の「シニアハウス」は家庭的な暖かい雰囲気の中で介護が受けられるホームで、ちょっとした空きスペースや壁には入居者の作った小物や絵手紙などがさりげなく飾ってありました。見学にいった時間が丁度お昼時だったのですが、4階の厨房で作られたお味噌汁を各フロアのキッチンで温め直し、ご飯はその場で電気釜からよそって出していました。
シニアハウスの居室は夫婦部屋を除きすべてワンルームで19.4㎡以上の広さがあり、収納スペースも豊富なため、愛着のある家具や衣類・小物なども持ち込みができます。
全体的に感じたことですが入居者のライフスタイルやこだわりを尊重し、介護が必要な状態になっても食事など生活の楽しみをおざなりにしない姿勢にとても好感が持てました。
入居金などは高価格帯の部類に入りますが、市川駅徒歩1分の好立地や同じビル内に商業施設・行政施設が入っている事、介護状態に応じてスムーズな住み替えが出来る事や看取りまで対応できる医療・介護体制などを考慮すると、大変コストパフォーマンスの良い物件ではないかと思いました。
人生の終盤に、気ままで豊かなライフスタイルを過ごしたいという方にお勧めです。

寿らいふときわ台

所在地:東京都板橋区東新町1-33-5
施設タイプ:サービス付高齢者向け住宅
運営事業者:株式会社シノケンウェルネス
居室数:55戸
居室面積:16.60㎡~17.01㎡
入居時の費用:無し
月額費:108,000円~121,000円(家賃:53,000円~66,000円、管理費(専有部の水道代金)10,000円、共用都の水光熱費8,000円、生活支援サービス費37,000円)
寿らいふときわ台は東武東蔵線の上板橋駅から徒歩9分の静かな所にあります。近くに大きな商店街があり、買い物や食事を楽しむ事が出来ます。
建物は社員寮の改築の為、賃貸マンションにとても近い外見です。
居室数は55戸で、見学の時はほぼ満室の状態でした。
入居対象は、60歳未満の方や自立から要介護5の方まで入居が可能です。
要支援、要介護認定を受けている方は介護認定の変更や体の状況が変わっても同じ部屋に住み続けられるとの事です。24時間介護職員がいて、居室訪問による安否確認を1日2回実施しているそうです。看護師が週1回、ホームに訪問します。
食事はホームの厨房で調理するのではなく、外部の3社の配食サービスの中から入居者の方が自由に選択します(食事はどの会社からでも前日までに自由に選べます)。
条件によって入居者の居室まで運んでくれます。家庭的なメニューの希望が多いそうです。
一階には広々とした人工温泉の大浴場があります。共用の個浴も設置されていますが、 ほとんどの方が大浴場を利用されているそうです。
その他、談話室やループテラス、コミュニティールーム等があり、通常のサービス付き高齢者向け住宅と比べて、共用施設が非常に充実しているホームです。
お一人で入居されていても、他の入居者とお友達になったり、スタッフと話をしたり、飽きの来ない楽しい生活を送って頂けるそうです。

リアンレーヴ松戸

所在地:千葉県松戸市六高台2-42-1
施設タイプ:介護付有料老人ホーム
運営事業者:株式会社木下の介護
居室数:40戸(定員40人)
居室面積:19.05~19.96㎡
入居時の費用:なし※0円プランの場合
月額費:223,000円(管理共益費96,200円、食費64,800円、施設利用費62,000円)※0円プランの場合
リアンレーヴ松戸は、東武野田線六実(むつみ)駅から徒歩15分程、新京成線元山駅から20分程の閑静な住宅街の一角に建っています。近隣には約200本の桜並木「六実さくら通り」がある等、緑豊かで落ち着いた環境にあります。
運営事業者である木下の介護は木下グループの一員で、同グループの事業を建物面からサービス面まで随所に取り入れています。建物には木下工務店のノウハウを活かし、浅褐色の木材と柔らかな白壁を基調とし、太陽光をふんだんに取り入れた居心地のよい快適な空間を演出しています。また、入居者へのアクティビティの一つとして、木下グループと関わりのある新橋演舞場での観劇ツアーを実施。その他、同グループによる訪問美容室の開設や、開発したシャンプー類を使用する等、グループのネットワークを活かしています。
建物は4階建てで、入口左に和を基調とした談話スペースがあり、家族や入居者同士の憩いの場所となっています。2階から4階が居室で、2階は認知症の方、3階は身体介助が必要な方、4階はほぼ自立ができる方が入居しています。室内はエアコン、ベッド、トイレ(洗面台、収納付)、収納スペースを完備。家具のレンタルも可能で、急な入居で家具の持ち込みが出来ない場合も安心です。浴室は大浴場と個別浴槽があります。
食事にも力を入れており、調理は一次加工のみ、新米、地産地消にこだわり、また旬の食材使ったイベント食などで季節を感じてもらえるよう工夫しています。
職員は2階と3階に常駐、4階は2時間毎に巡回。夜間は、30名規模の施設の場合1名体制が多い中、2名体制を取り入れ、余裕のある体制づくりを心掛けています。 また、職員1人で入居者4~6人を担当する「担当ヘルパー制」を導入し、入居者の身の回りから心身のサポートを行うと共に家族とのパイプラインの役割も担っています。いつも同じ職員が対応する事やきめ細やかな対応をしてもらえる事は、入居者・家族双方にとって安心感を生むのではないでしょうか。
その他、定期的な職員研修や職員各自が目標を書いた「幸せ実現カード」を常に身につけるなどにより、サービスの質の維持向上に取り組んでいます。
看護師は日中1名常駐。近隣の病院と連携し、尚且つ提携病院以外の病院とも関係を築くよう尽力しています。面会は24時間対応可能(夜間は要連絡)です。
日々の活動では、レクリエーションの他、イベントも開催しています(別途費用が必要)。中でも大きなイベントである納涼祭とクリスマスは、家族や地域の人たちにも声をかけ飾りつけからイベント運営までを一緒に行っています。このような取り組みは施設と地域を繋げ、家族や地域にも開かれた施設となっています。印象的なのは家庭的な雰囲気で入居者と職員が近いという事。館内の飾りつけからイベントまで、入居者と職員、時には家族や地域の人も一緒に、限られた予算の中で楽しく快適な暮らしができるよう日々工夫を凝らしていると感じました。

レストヴィラ東松戸

所在地:千葉県松戸市東松戸3-15-10
施設タイプ:介護付有料老人ホーム
運営事業者:ワタミの介護株式会社
居室数:75戸(定員75人)
居室面積:19.46m²~21.45m²
入居時の費用:入居一時金570万円
月額費:184,048円(食費55,800円、光熱水費5,000円、管理費123,248円)
<立地>
この施設は東松戸駅より徒歩6分、緩い坂を上った所にあります。東松戸駅は武蔵野線・北総線の2路線が利用可能で埼玉県や都内にも至便な駅ですが、もともと梨畑を切り開いて作った新興住宅地のため駅前はやや寂しい雰囲気です(スーパーやファーストフード、居酒屋チェーンなどはありますが、衣料品店やカラオケといった娯楽施設などは確認できませんでした)。逆に言えば住宅街と畑に囲まれており、大変静かな場所と言えます。また県道51号に近く、車での面会にも適した場所です。
<事業主体>
ワタミの介護グループの施設のため、建物の作りやサービスに対する姿勢などに統一性がみられ、入居相談員の説明にも安心感があります。ただし画一的にならないよう、エレベーターのデザインに松戸の市花をあしらったり、食材に地元の野菜を積極的に取り入れるなど地域性を出す工夫もされていました。今後はラウンジスペースの一部を改装してリハビリ室を作る計画があり、より入居者へのサービスを充実させていこうとしているようです。
<建物(居室・共用)>
建物は4階建です。食堂は1階にあり、各階に風呂を設置しています。4階にはルーフテラスがあります。居室は19m²以上あり、靴や衣類・雑貨などを収納できるスペースが沢山あります。トイレは入り口脇にありますが、スタッフと使用者がストレートに視線が合わないよう工夫を凝らしてありました。全室にバルコニーがついており、窓辺にプランターを設置可能です。居室には自宅から家具を持ち込むこともできます。
入り口には部屋を間違わないよう、それぞれ違った四季折々の花の絵が飾ってありました。共用部の壁はシックな木目調にパステルカラーを基調とした壁紙が貼ってあり、クラシカルなイメージです。随所に花やインテリア小物、絵などをたくさん飾ってあり、家庭的な温かい雰囲気を演出しています。ゆったりとした廊下の先にはストレッチャーが楽に入る大型のエレベーターが2基あります。空気清浄機が各フロアで稼働しており、アロマのようないい香りが漂っていました。
「ワタミ」と言えば食事、というイメージがありますが、食には特に力を入れているそうです。まず食堂ですが機能訓練室も兼ねているので広々としており、面会に来たご家族と利用できるファミリーダイニングもあります。器はメラミンなどではなく敢えて陶器のものを使い、トレーなどに滑りにくい素材を使用するなど工夫をしているそうです。
メニューは各ホーム共通ですが、食材はきちんと毎食厨房で調理しています。月に一回は行事食があり、土用の丑の日には赤字覚悟で国産のウナギを出したそうです。また肉の日というものもあり、この日は国産牛のステーキなどボリュームのあるメニューが食べられるそうです。勿論、咀嚼力の弱い方向けにソフト食なども用意されています。
浴室は1階に檜風呂が2ヶ所と機械浴が1ヶ所、2~4階1ヶ所ずつの計6ヶ所あります。介助を必要としない方の入浴中は、5分に1回声掛けをして事故を防止しているそうです。1階のウッドデッキテラスには「ワタミ農園」と名付けた畑があり、土いじりを楽しむこともできます。4階のルーフテラスは近郊を一望でき、入居者の方が散歩や日向ぼっこを楽しまれるそうです。
<ソフトサービス>
スタッフは入居者2.5人に対して1人、夜間は2名体制です。スタッフは若手からベテランまで年齢幅が広く、一様に笑顔で挨拶をしてくれます。
理容サービスは月に2回、予約制です。月に1回は行事があり遠足や大型ショッピングセンターでの買い物などが楽しめます。また年1回はワタミグループ内の施設数か所でバスを借り、温泉旅行に行くそうです。飲酒や喫煙も本人の健康に問題が無い限り、場所や方法は限られますが、入居者の要望に積極的に応えているそうです。
<価格>
松戸市には入所一時金0円や24時間看護師在中でもっと低価格の施設もあるため、レストヴィラ東松戸はやや高価格帯の部類に入ります。支払いは月払いも選択可能です。今後は隣接地にサービス付き高齢者住宅が建設されることにより、日当たりや景観なども変わるため、一部の部屋の価格を見直す予定になっています。
<医療>
看護師は昼間のみの常駐ですが、協力医療機関による訪問診療や緊急時対応の体制が整っています。また協力歯科医療機関による訪問口腔ケアも定期的に行われています。
<総評>
松戸市においてはやや高価格な施設ではありますが、建物全体の暖かな雰囲気やスタッフの明るく親切なサービスを考えると、十分にその価値のある施設だと思いました。今後はリハビリルームの新設により、更なる介護サービスの充実も見込めるでしょう。
また面会に来る家族のために駐車場を13台用意している所やファミリーダイニングといった家族で集まれる個室がある所など、入居者と家族双方に対する配慮がなされている所にとても好感が持てました。

クリエホーム・ソラティア

所在地:埼玉県白岡市小久喜200-5
施設タイプ:サービス付き高齢者向け住宅
運営事業者:株式会社クリエ
居室数:50戸
居室面積:全室28㎡(1K)
入居時の費用:敷金(家賃3か月分)
月額費用:199,900円(家賃96,000円 共益費20,000 基本サービス費28,700円 食費55,200円)※食費は朝食410円、昼食715円、夕食715円を30日喫食した場合
JR宇都宮線白岡駅から徒歩900mの閑静な住宅街に建っています。大宮駅からは電車で15分ですので、お買い物やお食事を楽しまれる方もいます。居室数は50戸で見学時にはほぼ満室の状態でした。
居室は、リビングを広くとったゆとりのあるタイプと、室内にお風呂を設けた2タイプです。リビングにゆとりのあるタイプのお部屋を選ばれる方が多いそうです。
その理由は、ご自慢の大浴場にあります。5人はゆったり入れる石風呂と檜風呂があり、脱衣所にはマッサージチェアーが置かれ、リラックスできる空間になっています。風呂付のお部屋を選ばれた方も、入浴は大浴場をご利用されています。
大きな窓に、鮮やかな赤い日よけシェード、木目家具が印象的な広い食堂は、洋食レストランへ食事に来たかのようです。メイン料理は魚と肉が用意され、和食と洋食の2つのメニューから選びます。お米も羽生市にある契約農家産米を毎朝精米して炊き上げています。家庭的な味で、毎日美味しくいただけそうです。
日々の過ごし方は、のんびりテレビを見たり、お部屋の掃除をされたりと、ご自宅で過ごされるのと同じです。日々のアクティビティーとして、近くのスーパーやパン屋さんへバスで出られる方もいます。外食ツアーでは、回転寿司や大型家電品店へもホームのバスで出かけます。お互いのお部屋を行き来してのお喋りや、午後のお茶へ食堂に集う方もいます。定期的に、音楽会や寄席などが催され、近隣の方にも人気で賑わいます。
屋上には、広々としたウッドデッキと、ローズマリーや実のなる低木が植えられた花壇があります。ちょっとしたお散歩代わりに、富士山、浅間山、筑波山を眺めながらのラジオ体操に、ガーデニングと楽しみ方はそれぞれです。白岡の花火もよく見え、屋上ビアガーデン等にもご利用されています。
こちらの建物にはクリニックが併設されています。必要時には往診も可能ですが、外出をすること、歩くことは大切であるという考えから、可能な限りクリニックに通院していただき、地域の方との触れ合いを持っていただきたいそうです。また、入居者は自立の方が多く平均要介護度も1と低いものの、クリニックの医師は長年地域での看取りを経験されており、最後まで安心して暮らせる環境が整えられています。介護サービスは同社が運営するデイサービスが併設されています。近隣にも他事業者が運営するリハビリに特化したデイサービスが開設され、高い人気を得ているようです。
「サービスの選択は、ご本人とご家族です」と代表の井上さんがお話しされたとおり、生活スタイルは入居者の自由な選択に委ねられています。見学をさせて頂き、日差しの入る明るい室内、入居者の自然な笑顔、スタッフの親しみやすさが印象的でした。これは、代表の温かい気遣いと柔軟な考えから入居者のニーズをうまく引き出し、信頼関係が築かれている結果だろうと感じました。

レストヴィラ多摩川

所在地:東京都大田区多摩川2-13-22
施設タイプ:介護付有料老人ホーム
運営事業者:ワタミの介護株式会社
居室数:110戸(定員110名)
居室面積:18.00~20.40㎡ 
入居時の費用:前払い金720万円(家賃相当額0円 管理費132,771円 食費55,800円 水道光熱費5,000円)※前払いプランAの場合
レストヴィラ多摩川は、東急多摩川線「矢切渡」駅から徒歩7分ほどの、多摩川河川のすぐそばに建っています。駅からの道は商店街となっており、買い物にも便利な環境です。
地上5階建て、1階は広々としたエントランスロビーがあります。吹き抜けにはシャンデリアが掛かり、高貴な紫色と元気が出る赤の壁紙を採用したとの説明のとおり、高級感を感じます。奥へと進むと檜風呂が有り、気分転換の為にも積極的に入浴を促しているとの事でした。また、デロンギの珈琲メーカーと美しいカップが設置されたカフェスペースには、床暖房の嬉しい心遣いも感じます。
2階から5階は居室となっています。木目調の壁には絵が掛けられ、飾られた花や優雅なクラッシック音楽がリラックスさせてくれます。共有スペースでは、毎日5種のアクティビティが行われています。外気浴を大切にしているそうで、たとえ数分でもお散歩へお誘いしているそうです。また、敷地に接した公園には桜の木もあり、お花見もされました。
食事にも力を入れているようです。月間献立表の写真を眺めるのも楽しみのひとつになるのではないでしょうか。驚いたのは、体重管理のもと、個々の食事量が調整されているところです。体重が増加傾向にある方へは、ごはんの量で調節をします。また、栄養過小の方へは、献立を好みに合わせる事で5割の方の栄養状態が改善されているそうです。経口摂取の難しい男性がいらしたそうですが、晩酌がお好きだった事から日本酒にとろみをつけてお出ししたところ、おつまみにも手が伸び、食への意欲が戻られたそうです。「食事を楽しんで頂きたい。美味しく食べて元気に暮らして欲しい。」管理栄養士の細かな配慮が感じられる食事になっています。
屋上には花壇があり、野菜栽培や植栽と、これからの楽しみも有る様です。北側に設けられた大きなウッドデッキでも快適に過ごせそうです。
他ホームへの転勤によるスタッフの移動を極力抑えることで「入居者とご家族からの信頼」「地域に根ざしたホーム」を目指されており、人と人との暖かいお付き合いを大切にされているホームでした。
このページのトップへ

タムラプランニングコンテンツ

  • 開設・運営・募集コンサルティング:有料老人ホーム等高齢者向け住宅・新規開設及びリニューアルをご検討の法人の方
  • 企画・調査・構想:事業化にあたって直面している課題に対し、仮説段階からアウトプットイメージまで企画・調査・提案します。
  • データ・サービス:・高齢者住宅・全国データ・介護保険居宅サービス・全国データ・介護保険事業計画等・全国データ集
  • タムラプランニング・アライアンス:高齢者住宅の開設支援における企業連携グループ